カテゴリ:― ふと ―( 60 )

6年2ヶ月と11日目に

久しぶりに書いてみました!
更新するのに6年も経ってしまったとは。

放ったらかしでごめんね。

この6年、働く場所も住む家もいろいろ変わりました。
変化がたくさんありました。
悲しいとこも楽しいことも。
本当に話しきれないことがたくさん。



大事なのは
今日も家族と一緒に暮らしていること。



6年2ヶ月と11日目
今日ここからまた更新しますね043.gif




[PR]
by Crystal_Beer | 2017-03-25 08:40 | ― ふと ―

パパのゴール

昨日家族で夫を応援しに神奈川マラソンに行ってきました。
夫がエントリーしたのは、20kmのハーフマラソン。

自分が走る分にはかなり燃えるけれど人が走るとなると話しは別。
夫の気合いとは打って変わって私の方はかなり冷めておりました。

一方息子は、寒い寒いと言いながらも
パパのゴールの瞬間が見たくて、ず~っと!ゴールにへばり付いていました!
人混みを掻き分け最前列でパパを待つ息子。
そのひたすら健気な息子の後ろ姿に思わず目頭が熱くなった私…。
しかも時おり私のところへやって来て、

「パパまだかな?!」
「いまどれくらいかな?!」
「パパのゴール見たいね!!」

などと興奮しながら再び最前列に戻って行く息子。
なんて父親想いなの!(夫にもこの健気な姿を見せてあげたかった~)

きっとパパのカッコいい姿が見たいのだよね。自慢のパパだもの。
運動会の親子競技でもひと際かっこよかった夫。
夫の大活躍のおかげでクラスが1位に輝いたこともあった。

しかし昨日は残念ながら懸念していた膝の痛みが酷くなってしまい途中棄権となってしまった。
けれども膝の故障を承知で挑戦した夫はすごく偉いと思う。
(私は夫のこんなところが好きなのだ。)

いつか子供が大きくなったら家族でフルマラソンに挑戦してみたいし
励まし合いながらゴールして達成感を分かち合ってみたい。
…って、職場の人に言ったら「これ以上身体を酷使しないで!」と言われました。

さてさて昨日の帰り道。
完走出来なかったために夫がひどく落ち込むので
「やーいやーい♪」と指差してからかっていたら息子に

「ママッ!!(キッ)」

と睨まれ怒られてしまった…。(しゅーん)
[PR]
by Crystal_Beer | 2009-02-02 21:55 | ― ふと ―

体温。

b0061596_9401623.jpg

いま子供の隣で添い寝をしているのですが
まだこれからやることが山ほど。やばい、起きなくちゃ。

すでに子供はすやすや夢の中、そろそろお布団から抜け出そうと思うのですが
これがなかなか難しいったら!子供を寝かし付けてると子供の寝顔にうっとりしちゃって…。

可愛い寝息を聞いたり、つるつるの頬に唇を滑らせてみたり…あと子供独特の匂いに癒されたり…。
子供のあの温かい体温もじんわりと眠りを誘います。






…と書きかけて気が付けば今朝の7時。
卒業文集を書かなくちゃだったのですんごい焦りました…。
[PR]
by Crystal_Beer | 2009-01-20 09:40 | ― ふと ―

魂なのです。

もうかれこれ10年以上前のこと、バイオリンの調弦をしていたところ
ペグ(弦の音を調整するところ)をグイッとやった反動で
突然バイオリンの駒(弦を支えるもの)がパタンっと倒れてしまった事がありました。
慌てて駒を立て直し再び調弦してたら何も入ってないはずのバイオリンの中から何やらカラコロと音が…。

何だ???

と思ってf字孔から取り出してみると小さい木の棒がコロンと出てきたんです。

(このバイオリンの製作者の忘れ物かな)

と思いつつ木の棒は捨てずに大切に保管していました。

その後、木の棒の事などすっかり忘れ楽器を弾く毎日を過ごしてました。
途中、結婚やら出産やらでバイオリンに触れる機会がなくなり…
去年から再び弾く機会ができたのですが先生から

「このバイオリンならもっと音が響くはずなんですが…1度修理に出してみたほうがいいかも。」

との事で調律修理に出したのが去年の末。
そういえば…と、木の棒もついでに持って行ったら
実はその棒と言うのがバイオリンの部品の中ですごく大事なものだったのです。
サウンドポストと言って和訳だと"魂柱(こんちゅう)"という大切な部品。
どうやら音が響かなかった原因はこのせいだったらしい。

魂柱とは、バイオリンの駒の下で表板と裏板を支える役目をしており
魂柱がない状態で弾き続けると表板が駒を支え切れなくなり
バキッと陥没してしまうのだそう…。ヒェ~!(冷汗)

魂柱がない状態で弾いていた私、思い出すだけでも嫌な汗が…。
いやはや無知ほど恐いものはありませぬ。
よく今日まで無事耐えてくれた山猫に感謝感謝!

倒れてしまった魂を再び吹き替えした山猫は
10年もの苦行に耐え、やっと本来の心を取り戻すことができました。(ぱちぱちぱち)

週末は山猫の音解禁日。
鉛のミュートを外し朝から小気味の良い音を奏でてくれます。
今まで傷を負わせながら放ったらかしてしまったのに…
少しもグレることなく私を癒してくれる優しい優しい子なのです。
これからはもっと大事にしなくちゃ。

楽器に魂があったなんて知らなかった。まるで生き物みたいだね。
[PR]
by Crystal_Beer | 2009-01-14 08:56 | ― ふと ―

厄年です。

今年の初夢、みなさんはどんな夢でしたか?
私は新年早々縁起でもない夢みました。正夢にならない事を願うばかりです。
なぜか新年明けてからろくな夢を見ません…。やはり前厄だから?

ということで、私今年から厄年に突入なのです。しかも四柱推命では殺界突入。
これって悪い事が2倍になるってこと?すごく嫌なんですけど~!(>_<;)
とりあえず、今週末に御祈祷に行こうかと思ってます。

昨日は、近所の神社へお焚き火へ行きました。御祈祷料金の偵察も兼ねて。
そしたら結構高いのね…御祈祷って。安いので\5000。高いのだと\12000。
金額の幅によって何か違いがあるんでしょうか…ね。
とは言え、去年末から金欠状態が続いているので安いのしか選べないのだけど。(苦笑)

さて。
今日から仕事始め。今年も体力が続く限り頑張ります!
[PR]
by Crystal_Beer | 2009-01-06 10:26 | ― ふと ―

b0061596_1805628.jpg

こちら私と長い付き合いの相棒、改めヴァイオリンです。
こないだ息子が相棒に名前をつけてくれました。
「山猫」ちゃんっていいます!

因みに、息子が使っているSuzukiの1/8ヴァイオリンNo.280、別名「Pari」ちゃん。
1980生まれの分数ヴァイオリン、とても小振りでカワイイ♪

さてさて先日。
息子に厳しく練習を強要する私を見兼ねて夫から

「バイオリンの練習をやれと押し付けたら嫌いになっちゃうよ?!
そんなやり方ならやらない方がよっぽどいいよ!」

と怒られてしまった。確かに夫の言う通りである。
教えれば教えるほど上達してくれるものだから
ついつい…すごく反省しました。
今は息子の気分に合わせて弾いてもらうようにしてます。

もともとの指導方針も「まずはヴァイオリンを好きになる」だったのですが
熱が入るにつれ少し軌道からずれちゃいました。
これからは優しく穏やかに、毎日根気よくやろうと思います。

そんな訳で、まずはヴァイオリンに愛着を持ってもらえるよう
自分のヴァイオリンに名前をつけさせました。
息子は「Pari」ちゃん、私のは「山猫」ちゃん。どちらも息子が名付け親。

「パリちゃんはね、ずっとケースに入りっぱなしだから
一日一回はケースから出して良い子良い子しようね。
そしたらすごく喜んでステキな音を出してくれるんだよ!」

すると、息子はヴァイオリンがまるで生き物のように優しく接してくれるようになりました。(笑)
練習をして欲しい時は「パリちゃん今日はずっとケースに入りっぱなしだね…。」と声を掛けると、
アッと急いでケースから取り出し「ごめんね、パリちゃん…」と言いながら少しだけ練習してくれます。

ほんと少~しだけですけど…でもいいんです。
今は1ミリでもヴァイオリンを好きになってくれれば。


息子はまだボーイングの練習だけど頑張ればすぐに上達しそう!
私も息子に負けないよう日々精進なり。

新しい曲、新しいことに取り組めると思うと
本当にワクワクしますね!
[PR]
by Crystal_Beer | 2008-12-19 18:00 | ― ふと ―

家族

先日、夫が徹夜明けの状態で那覇マラソンへ行ってきました。2泊3日の遠征。
その間私と息子の二人での生活だったのですが、パパとなかなか会えなかったからなのか珍しく息子がポツリと…


「ねぇ、ママ。家族はいつも一緒じゃなくちゃダメなんだよね。
パパがお留守でさみしいな。早く帰ってきて欲しいねぇ。」


パパと暫く会えなくてよっぽど寂しかったのかな?
息子は極めてママっ子ですがパパだって大好き。
会えない間は私が息子に、

「パパはね皆のために一生懸命お仕事頑張っているんだよ。
パパってすごく偉いね!二人でパパのこと大事にしようね!」

と言っている。
そして息子は、仕事を頑張る父親をとても尊敬し大切に思ってくれている。

そういえば先日、こんなことがあった。
いつも物を出しっぱなしの夫を見兼ねた私が

「またパパったら散らかしっ放しにしてる!もう!」

とプンプンしていると、息子は夫をすごく庇って

「パパはみんなのためにお仕事頑張って疲れてるんだ!
ママが怒ったら可哀相じゃないか!」

と反撃。
…私ちょっと複雑。


でも、本当に息子の言う通りで夫は仕事でとても疲れているんですよね。
毎日家族のために頑張ってくれているんだもの。


子供が父親を大事に思ってくれるのは母親として本当に嬉しいものです。
夫も子供に会えなかった日は子供の事を色々聞いてきてくれる。
そして寝ている息子の寝顔をそうっと覗きこみ

「本当に良い子だなぁ~。すごく幸せだね。」

と、ニコニコしながらいつの間にか息子の隣で眠りについてしまう。
そんな光景を眺めているとすごくジーンとするのです。

なかなか一緒にいる時間がとれなくてもお互いを大切に想う姿は
すごく温かくて優しくて、しみじみ家族がいてくれる事のありがたさを感じてしまうのです。

家族がずっと幸せでいられるよう、私も頑張らなくちゃね!
[PR]
by Crystal_Beer | 2008-12-15 17:53 | ― ふと ―



「パパ、本を読んでて難しくなったら心で読むといいよ。心がちゃんと助けてくれるから。
だって、頭よりも心のほうがえらいんだよ。」




こないだ息子が夫に教えてくれた言葉です。
すごく優しく心に響きました。


頭ではなく心で考える。
大切な事は、ちゃんと心が教えてくれる。
頭よりずっと心のほうがえらいのです。




また息子に一本取られました。
[PR]
by Crystal_Beer | 2008-09-02 18:03 | ― ふと ―

カサブランカの香り

b0061596_916569.jpg

b0061596_9165781.jpg

久しぶりにカサブランカを生けてみました。

花を生けると昔の実家を思い出し懐かしく切なくなります。

昔の実家では、毎回いろいろな花を生けていたけれど
ひときわ印象的だったのがカサブランカ。
強い芳香に白く瑞々しい花びら、濃い朱色の粉を沢山まぶしたような花粉。


学校から帰宅すると、たいていお客様用の玄関に花が飾られていて
廊下中にその素晴らしい芳香を漂わせてました。
その貴婦人のような美しい姿にうっとり眺めていたあの頃。


今思えば実家は、とても質素な暮らし振りでしたが
本当の贅沢も知っていたのだと思う。


当時住んでいた実家はもうないのですが
カサブランカを生けると優しい思い出だけを残した実家に戻れる気がするのです。


花は、いつだって人の心を優しい気持ちにしてくれますね。
[PR]
by Crystal_Beer | 2008-08-29 09:16 | ― ふと ―

b0061596_18455244.jpg

全くそのとおり!

さっきお腹が空いて我慢できずToppoを買ったのですが
裏をみたらこんなトリビアが。

そんな我が家のごんたは、今日もごんた(やんちゃ)でございます。
[PR]
by Crystal_Beer | 2008-08-21 18:45 | ― ふと ―

おしゃれも美容も大好き!な欲張り主婦の日記です♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30