坂本龍馬特集

b0061596_11141829.jpg

[PR]
by Crystal_Beer | 2008-07-19 11:14 | ― 読む ― | Comments(2)

b0061596_12484193.jpg

[PR]
by Crystal_Beer | 2008-06-02 12:48 | ― 読む ― | Comments(0)

休日と読書

ということで、週末は家事や子供のお世話で
ゆっくり休めなかったので、今日は仕事休んでゆっくりしております。
今日は、本当の意味での休める日です。

さきほど子供を保育園へ送ってきました。
さてさて、これから掃除洗濯をささっと済ませて本屋行ってきます。

今、すっかりはまってしまった宮部みゆきの「模倣犯」。
文庫版は5巻まであるボリューミーな小説なのだけれど、4日ほどで3巻まで読んでしまった。
これから本屋で続きを購入してこなければ。

それにしても、これだいぶ怖過ぎです。
以前、「火車」を読んだときもそうなのですが、
何気ない普段の生活に潜んでいる危険というのが、とってもコワイ。

今はこんな平和に暮らしているが、
いつか自分に悪魔の白羽の矢が立てられるのでは?と思わされる怖さがあります。
犯人が被害者を弄ぶシーンは筆舌に尽し難いほど残酷で
人間の底知れない恐ろしさを感じてしまいました。

この怖さを感じたのは映画「es」以来。
理性のタガが外れて暴走し、どこまでも残酷になれてしまう人間。
我が家のDVDライブラリーにあるけれど、怖すぎて2度と見たいとは思わない。

ほんと、賢くなくても理性的で温厚な人間が一番だよね。


それにしても、今朝はとても寒い。
朝からホットコーヒーすすりながら家事してる私です。
[PR]
by Crystal_Beer | 2007-11-20 10:42 | ― 読む ― | Comments(2)

風邪ぶり返しました~☆

今日、再び風邪をぶり返してしまった。
今月末は、1年ぶりに会う友達と飲みに行く予定なので必死で治します!

さてさて、今日はポストに
Victoria’s SeacretとIKEAのカタログが入っておりました。

b0061596_19505633.jpg


こーゆー海外通販のカタログを読むのって大好き♪
そして、コーヒーすすりながら次に購入するターゲットを絞る私。

それにしても今月はカタログがよく届いた月でした。
近頃、めっきり街に出てショッピングをせずネットで買い物ばかりしているからでしょう。

だってね、デパートでゆっくりショッピングしようものなら
子供も私も、物凄いストレスと体力消耗するわけですよ。

そんな思いするくらいならネットでコーヒーすすりながら
のんびりおうちでショッピングしてる方がお互い気分いいものね。

けれど近頃。
少しずつ私の時間もポツリポツリと出来るようになってきました。
これもあんなにベッタリだった息子が少しずつ親離れをはじめたおかげ。
以前は、殆どストーカーだったもの。(それがまた可愛いんだけれどね♪)

週末になると私の実家へお泊りに行きたがる事もあり、
子供ってこうやって親から少しずつ少しずつ自立していくのですね。
うちの子も成長したものだなぁ、と感慨深くなるこの頃です。

でも、急に一人にされてしまうと今まで育児で埋められていた時間が
ぽっかり空いて、一体何をしていいのか分からなくなることも。

今までは、忙し過ぎてダメになるかと思っていたけれど
今じゃ育児がひと段落したときダメになってしまうかもと思った私です。


これからは少しずつ自分の時間も楽しむようにしなくてはですね。
[PR]
by Crystal_Beer | 2007-11-14 19:50 | ― 読む ― | Comments(0)

祝婚歌

気に入ったポストカードを見つけるとつい購入してしまう私。
誰に渡すのでもなく、今ではすっかりポストカードコレクターとなってしまいました。

先日もいつものように世界堂で数枚気に入ったポストカードを購入したのですが
そのうちの一枚に詩人吉野弘さんの『祝婚歌』があり、とてもとても感動してしまいました。

これを初めて読んだ時、肩の力がふっと軽くなって
心に暖かくて爽やかな風が吹いてくるのを感じた気がしました。

私達夫婦、これからどんなに年を取って白髪交じりになったとしても
暖かい陽射しのような穏やかな気持ちで最期まで添い遂げたいな、と思いました。
結婚って本当いいものですよね。



「祝婚歌」

吉野弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで 疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には 色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい
[PR]
by Crystal_Beer | 2007-11-11 21:03 | ― 読む ― | Comments(0)

いやはや、困ったことに・・・先々週から風邪が長引いてしまい、
今朝は、凄まじいぐらいのガラガラ声でした。

とにかく喉が痛いです。
病院からお薬も処方されたのですが、これが全く効かない。

・・・・どうしたもんだろう。

さて、すっごく前に画像だけUPしてから
放置プレイ状態だったのですが今日やっと更新。


以前、クレヨンハウスにて何気に手に取ったシュタイナー本。
読みすすめるうち、何やらシュタイナーの「人智学」に興味を持ってしまいました。

子供を育てている身としては、教育というキーワードにかなり敏感ですが
読んでいて心にすっと入ってくる本って数少ないものです。

今までで一番読んでよかったのは平井信義さん著作の本。
愛情がたくさん感じられる本でした。

そして、久しぶりに教育本でよかったのがこの本でした。
シュタイナー本の中でも一番解りやすく書かれおり、書店でもNo.1というこちらを購入。

b0061596_1855314.jpg


シュタイナーとは、実は人の名前。(ルドルフ・シュタイナー 1861-1925)
彼は、哲学者であり人智学(アントロポゾフィー)という新しい分野を開拓した人でもあります。

その新しい分野は、いまや教育・農業・医学・薬学・社会学・建築・・・etc
あらゆる分野で実践されているそうです。

私の知る限りでは、Dr.ハウシュカやマルティナ、タウトロッフェン、ヴェレダなどにも
シュタイナーの人智学が取り入れられてました。

最初にシュタイナー学校が創立されたのが1919年、ドイツのシュトゥットガルト。
ヴァルドルフ・アストリア煙草工場のオーナーがシュタイナーの思想に賛同し
労働者のために開校講座を開いたのが始まりでした。

当時ドイツの学校の中では、とても特殊な学校であったため、
攻撃と批判の対象だったそうです。

そして、1933年。
ナチスが現れると一層弾圧が厳しくなり学校は閉鎖に追い込まれました。

ナチスの迫害によって国外に亡命した人々の中に、この学校に通う親子がおり
彼らによってシュタイナー教育が世界中に広められたそうです。
そんな道のりを経て、現在なんと世界に900校もあるんだそうな。

そして今、
日本にも少しずつシュタイナー学校が開校されつつあるようですね。

さて、このシュタイナーの子育てですが。
とてもシンプルに言うと「道徳心を育てる教育」という感じでしょうか。

シュタイナー教育法については、
今の日本の教育でも賛否両論あり、私自身も全てを受け入れることはできませんが
幼児期の子育て法については、とてもいい印象を持ちました。

その中で、シュタイナー的に子供と付きあうポイントが書かれていたので
少しだけ載せておきますね

・子供に干渉してはいけない。
 親の先回りは、子供の意思を抑え込んでしまう。

・早期教育はしてはいけない。
 幼児期はたっぷり自由に遊ぶことで思考力を発揮させられる。

・命あるものにふれる。
 自然の素材は子供の心の栄養となる。

・TVは本物ではない。
 子供は良い物も悪い物も全て自分の中に取り込んでしまう。

・生活に正しいリズムをつける。
 これは言わなくとも、当たり前のことですよね。


他に子供と家事を一緒に楽しんでやったり
一緒におやつを手作りしたり、というのも子育てにとてもいいようです。

私は、フルタイムで働いているので朝もバタバタしがちなため
つい急いで「早く!早く!」と捲し立ててしまうこともしばしば。
本当に、これは気をつけなくては・・・(反省)

シュタイナーの子育てと照らし合わせると、
既にいくつかのタブーで引っ掛かってしまっているけれど、
これから気をつければいいということで。



さて、今日まで3連休でしたが(あっ、という間でした~・・・涙)
皆さんはどのようにお過ごしでしたでしょうか?

私は息子と一緒にお弁当を持って新宿御苑へお散歩へ行ったり
二人でお菓子作りや家の掃除をしたりして過ごしてました。

日曜に御苑へ行ったのですが晴れててすっごく気持ちよかった!
遊具はないところですが、広い芝生があるってだけで十分楽しい場所ですよね。
子供も毎回毎回飽きずにはしゃぎまわってくれます。(笑)

特別なことは、何もしていないのですが
久しぶりにしっかりリフレッシュできた休日でありました。
[PR]
by Crystal_Beer | 2007-10-08 23:00 | ― 読む ― | Comments(4)

昔から酒にまつわる本が大好きな私。
過去に何度もビールや日本酒の本を買っては、気が向いたときに読んでました。

その銘柄の歴史を少しでも知っておけば、
よりお酒が美味しく飲めそうな気がして。

でも
お酒の本が好きなベースとなった本ってのが『レモンハート』なんだろうね。
飲むのも好きだけれど読むのも好き。

そうそ。
久しぶりにレモンハートを読んでいたら急にウイスキーについて知りたくなってしまった。
シングルモルト、ブレンデット、アイリッシュ、スコッチ・・・etc
どんな歴史があって、どんな味の違いがあるんだろう?

本屋で何冊かピックアップしてみたものの
これが一番わかりやすかったかも。


b0061596_10335255.jpg


・シングルモルト&ウイスキー完全ガイド 1,470円(税込 ) 

他にもマイケル・ジャクソンさん(一瞬ぎょっとしましたが同姓同名の別人)が著作した
かなり専門的なウイスキーの本もありましたが、
あまりにも専門的&詳しく書かれ過ぎて???でした。 

ところで、
ウイスキーって偶然の産物で出来たものだったそうですね。

今日飲まれているようなまろやかで香り高く琥珀色のものではなく
最初はもっと透明で、味もキツイものだったようですが、
密造酒時代、徴税官の目を逃れるために樽に隠したのが初まり。

それからずっと後のこと、
貯蔵したまま忘れられたその樽を開けると
今までとはまったく違う・・・熟成された琥珀色の液体に変貌を遂げていたのが初まり。

・・・そんなウイスキーの歴史の話しが始まり、
地方によって、香りや味がまったく違う理由や
ウイスキーの製造手法、用語などが浅く広く載っています。


これを読むと俄然ウイスキーが飲みたくなります。(ごくり・・・)


因みに、私事ですが一番好きなウイスキーはグレンモーレンジでございます。
あのトロリとした感触と蜂蜜のような甘い香り、美しい琥珀色。
ビールが大好きな私でも、グレンモーレンジだけは別格なのでした♪
[PR]
by Crystal_Beer | 2006-10-10 10:33 | ― 読む ― | Comments(2)

かなり前(「竜馬がゆく」を読む前)に読み終えた本です。
理系の仕事をしているくせに、理系に弱い私・・・。

まさに本のタイトル通り
「面白いほどわかる!」本でございました。

b0061596_10313130.jpg


確かコンビニで500円くらいだったかな?
西郷隆盛の小説をバッグに入れ忘れてしまった日、
電車で読むものがなく、とりあえず手にした本だったのですが
これがまた。なかなかのヒットでした。

宇宙科学、遺伝子科学、生物化学、分子結合のお話しなどなど
とにかく噛み砕いて噛み砕いて、さらに粉末状にしたぐらい分かりやすかった!!
思わず膝をパシッと叩きたくなるほど。

しかも、1ページごと1ページごとに感動していた私。
宇宙の話し(ビッグバン~銀河系のあたり)なんて、
本当胸が熱くなってしまったわ。






でもね。






そもそも、知っていることが一般常識なのかもしれない。
なんてふと思った私なのでございました。orz
[PR]
by Crystal_Beer | 2006-10-10 10:31 | ― 読む ― | Comments(0)

夏・海・読書

b0061596_14491091.jpg

気持ちいい…。
久しぶりにリフレッシュしてます。
[PR]
by Crystal_Beer | 2006-07-30 14:49 | ― 読む ― | Comments(0)

通勤のトモ

b0061596_919561.jpg

すんごーく久しぶりの更新。
ずーっと多忙な毎日を送っているびわこです。

誰か私にヒマください…。

ところで昨日。
「きょうの猫村さん2」が発売されていたので
そっこー購入いたしました。

今朝の通勤の友です。つうか可愛い過ぎて笑いが止まりません!

さ、
今日も一日がんばぶぼー!
[PR]
by Crystal_Beer | 2006-05-31 09:19 | ― 読む ― | Comments(3)

おしゃれも美容も大好き!な欲張り主婦の日記です♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31